2014年 8月 18日

アキヒロホマレ号が死亡

 静内種馬場で功労馬として繋養されていたアキヒロホマレ号(牡29歳 父:マルケンダイドウ 母:ビクトリアータイム)が、8月18日(月)午前6時、老衰のため死亡いたしました。

 本馬はタマツバキ記念(2回)、セイユウ記念に優勝するなど29戦18勝(うち地方1戦0勝)、1987年・1988年・1989年と3年連続でJRA賞最優秀アラブに選出されました。1992年より供用を開始。種牡馬引退後は静内種馬場で功労馬として余生を送っていました。
 主な産駒に1997年の荒尾記念を勝ったライトアゲインがおります。

◆中西信吾場長のコメント
 JRAアラブ競走の一時代を築いた名馬でした。29歳まで長生きしてくれましたので大往生ではないでしょうか。お疲れ様でした。ゆっくり休んでください。

コメントをどうぞ






こちらからサイト内の記事を検索できます。